ポータークラシック ディアスキン サコッシュ 鹿革 ショルダーバッグ DEER SKIN SACOCHE W/BLACK PEARL 横型 Porter Classic 045-1390

¥60,500

パーツ形成まで手作業で作られた贅沢サコッシュ

長年にわたり数々の名品といわれる鞄を世におくり出し、鞄業界やアパレル業界を常に牽引してきた吉田克幸氏が「鞄だけにこだわらず、集大成となるモノづくりをしたい」と息子の吉田玲雄氏と共に設立したPorter Classic。最高級のディアスキンを用いて作られたこのシリーズは、一点一点手作業の中で味わい深い作品を制作するグロックレザー浅井吾朗氏との共作です。横型のシンプルなデザインながらも、こだわりが詰まった本物志向の迫力を感じさせます。

<サイズ情報>

H26×W18cm

<重量>

<生産国・素材>

Made in Japan. [素材]鹿革

<内容量チェック>

<お手入れ方法>

この商品は色落ちします。特に白っぽい生地の服装には、十分ご注意下さい。

<付属品>



横型のシンプルな贅沢サコッシュ

細部に至るまで手作業で作られたサコッシュは、その贅沢な素材使いながらもシンプルなデザインです。やや厚みのあるディアスキンを用いているので手触りの良い滑らかな質感を味わえます。ショルダー部分はアウトドア用品にも用いられるパラコードを採用し、抜け感を演出。高級感や重厚感と共に、手作業にこだわり抜いて作られた温もりも感じる逸品です。

引き手のシルバーも手作りというこだわり

多くのファンを持つグロックレザーの作り手、浅井氏との共作というだけあり、引き手のシルバーも手作業で作られたもの。一点一点磨かれ、削られ、ポータークラシックの頭文字「PC」を手彫りした無骨な引き手は、量産の工業製品とは一線を画します。もちろん、パラコードを繋ぐシルバーパーツも然り。不確かなラインを帯びた形状は、単なるパーツを超えたアート作品としての価値を感じさせます。

ミニマムな収納スペースで荷物もコンパクトに

長財布を横にしてちょうど収まるミニマムなサイズ感です。マチも薄いため、少ない荷物を潔く収納し、ワンマイルの外出やコーディネートの一部とするファッション使いとして活躍します。最低限の容量ながら、フロント面にはオープンな仕切りポケットが二つ、背面には一つのポケットが付き、細かい荷物の収納にも対応しています。ワンポイントにもなっている真ん中のパールは、黒蝶真珠とも訳される上品なブラックパールです。

手触りがたまらないディアスキン

本体に用いられたディアスキン(鹿革)の最大の特徴は、やはりその柔らかさと手触りにあります。人肌との相性も良いディアスキンは、滑らかな手触りと、どこかふわっとした空気感を含んでいるような質感があります。真綿のような繊維質を持ち、表面のキメも細かいためです。もちろん、鞣された革ならではの強靭さも併せ持ちます。天然革の醍醐味を存分に味わい、長く持つことのできる素材です。