ポータークラシック ミニリュック ケンドー Porter Classic MINI RUCK KENDO 001-332 Blue

¥55,000

KENDOシリーズの小ぶりなリュックサック

長年にわたり数々の名品といわれる鞄を世におくり出し、鞄業界やアパレル業界を常に牽引してきた吉田克幸氏が「鞄だけにこだわらず、集大成となるモノづくりをしたい」と息子の吉田玲雄氏と共に設立したPorter Classic。ブランドを代表する剣道着素材を使用した「KENDO」シリーズは、最上級のスピンゴールド綿を採用。糸からインディゴ染めを行い、使い込む程に風合いや肌触りが増していく極上のコットン素材を使用しています。小ぶりなリュックサックですが存在感は抜群です。フラップはホックで簡単に開閉が可能です。ワンマイルバッグにちょうど良い量の荷物が収まります。

<サイズ情報>

本体:H 31×W24×D10cm

<重量>

約450g

<生産国・素材>

Made in Japan. [素材]コットン

<内容量チェック>

<お手入れ方法>

この商品は色落ちします。特に白っぽい生地の服装には、十分ご注意下さい。

<付属品>



上質な素材とmade in Japanのクオリティが放つオーラ

ブランドのアイコンとしての地位を築いている「KENDO」シリーズより、小ぶりなリュックサックが登場しました。最上級のスピンインディゴ綿の手触りの良さはもちろん、細部の縫製にみる丁寧なものづくりはmade in Japanの品質の高さを感じることができます。ワンマイルバッグ程の大きさですが放つオーラや存在感は抜群です。リュックサックとして背負ったり、手持ちバッグの持ち方でも様になります。

ホック式で簡単な開閉が可能

フラップと本体を繋ぐ同素材のバックルはホック式になっており、開閉が簡単におこなえる仕様です。厚手の綿素材は納まりも良いのですが、ホックで留めておくことにより浮くことなくデザインをキープ。ボタンも本体に合うよう藍色のものが採用されています。丁寧に刺繍されたPCというブランド名のイニシャルは外観のアクセントになっています。

ワンマイルバッグにちょうど良い荷物量が収まる

フラップを開けると柔らかい丸みが特徴のメインコンパートメントがあります。本体のフロント面にポケットがあるため、中の構造はいたってシンプル。ポケット無しの潔いつくりです。タブレット端末程度の大きさのデバイスや、長財布を縦にしてちょうど良く収まる高さがあります。ちょっとそこまでの外出に必要な荷物が収納できます。

使い込む程に風合いや肌触りが増していく、極上のコットン素材

PORTER CLASSICを代表する剣道着シリーズ「KENDO」。KENDOは日本が誇る最高素材で、最上級のスピンゴールド綿を使用し、糸からインディゴ染めを行い、使い込む程に風合いや肌触りが増していく、極上のコットン素材です。生地からオリジナルに徹底して、PORTER CLASSIC代表の吉田克幸氏がこだわり抜いて出来上がった素材です。