スロウ ボーノ フラップショルダーバッグ L 栃木レザー bono flap shoulder bag L SLOW 49S236I

¥31,900

丸いフォルムが特徴のクラシックなショルダーバッグ

「自分たちが持ちたくなるモノを作る」という精神を原点に、使うほどに味わい深くなるモノ、ゆっくり長く愛用できるモノを日本の職人が誇る技術を駆使し創作しているSLOW(スロウ)。移り変わりの激しい時代に流されずゆっくりと創作を追及していきたいというモノ創りのスタンスで、時代を超えて愛されるアメリカンカジュアル&トラッドテイストのアイテムを展開しています。スロウ の定番素材、ボーノレザーを使ったクラシックなショルダーバッグです。

<サイズ情報>

本体:H21×W27×D9cm

<重量>

約500g

<生産国・素材>

Made in Japan. [素材]牛革(栃木レザー社製フルベジタブルタンニングレザー ヌメ革)

<内容量チェック>

<お手入れ方法>

革は普段からのお手入れが大切です。定期的に乾いた柔らかな布で汚れを拭きとってください。 革は水にぬらさないことが大切です。万一濡れた場合は、素早く水気を取ってください。この場合、乾いたタオルで軽く叩くように吸い取ってください。決してこするように拭き取らないでください。こするち表面の汚れが革の内部へ浸透し、シミの原因となります。水気を取った後は形を整えながら紙(新聞紙等)を詰め込みます。風通しの良い場所で室温で陰干しします。直射日光やドライヤーでの高温乾燥は革の収縮や硬化の原因となりますのでおやめください。 水気が完全になくなってからクリームや保護油を塗ってください。皮革の種類・表面加工方法に合った専用のクリームを使用してください。また、ご使用の前に必ず目立たない部分で試し塗りをしてください。色落ち・シミ・型くずれの防止の為です。 少しばかりの汚れは消しゴム等で色落ちに注意しながらこすり落とします。手垢など油性の汚れには皮革専用のクリーナーをご使用ください。この場合、必ず目立たない部分で試し拭きをしてください。

<付属品>

収納袋

古き良きクラシックバッグを彷彿とさせるショルダーバッグ

半円型の丸みを帯びたデザインが特徴のショルダーバッグは、スロウらしいオールドクラシックな雰囲気を醸し出しています。見た目のクラシックさは残しつつも、現代のライフスタイルにマッチするようリアレンジされている点は、スロウの得意とする設計です。素材もスロウ定番の栃木レザー社製ボーノレザーを使用。使い込むほどに味わい深くなります。デザイン性と利便性、そして素材の良さが共存した満足度の高いバッグです。

細かい部分も手を抜かない職人の作る内ポケット

日本の職人が作るバッグならではの魅力は、その物の内側に現れています。中の収納室内には小物に便利なポケットが合計3つ付いています。外見はクラシックな雰囲気をそのまま残しているのに対して、内側は細かい荷物との移動が多い現代人のニーズを想定し作られています。綿100%の裏地があり、本革の繊維が荷物へ付くことも気になりません。ポケット入り口はレザーパイピングで補強されています。

長財布が横に入る嬉しいサイズ感

出かける際に必要な荷物は一式収まってくれる収納力があります。本体のメイン収納室は、長財布を縦に入れても横に入れても入る位のサイズ感です。背面側のポケットにもすっと収まります。写真の荷物以外にも、小さめの水筒やペットボトル、小型のカメラも収納できます。外出シーンをワンランク上げてくれる上質なレザー素材も含め、季節を問わず活躍できるおすすめのアイテムです。

スロウ定番の上質なヌメ革、ボーノレザー

本体の革は、国内屈指のタンナーである栃木レザー社で、約3ヶ月もの期間を要しじっくりと鞣された本格的なフルベジタブルタンニンレザーです。革本来の重厚感とコシ、そしてソフトさを併せ持っています。表面のシボ感や地傷の個体差があるのも魅力の一つ。使い込むほどに手に馴染み、自分だけの革に育てていく醍醐味を味わえます。チョコやキャメルカラーも、ワントーン程ダークに経年変化をしていきます。